そもそも過払いとは

最近、テレビCMや新聞広告などで、過払い金請求に対応している弁護士事務所というものをよく見るようになりました。そもそもこの「過払い金」というのがどういったものなのか、ということについてここでは紹介します。過払い金というのは、現在新しく発生することはありません。今請求しようという流れになっているのは、過去に発生している過払い金のことを指しています。では、なぜかつては発生し、今では発生しないのでしょうか。これは借金に関する法律が変化したことが関係しています。

お金の貸し借りを定めている法律はひとつではなく、いくつか存在しています。その中で、貸す側が設定することが出来る金利を設定している法律というのは、かつて2つありました。1つは「出資法」というもので、もう1つは「利息制限法」というものです。この2つにおける金利制限が違っていたことが、過払いを発生させる原因となりました。

利息制限法においては、貸す金額によっても変動しますが、最大で「20%」を設定して良い金利の限界として設定しています。対して当時の出資法では、一律で限界を29.2%に設定していました。そのため、この差である「9.2%」が法的に正しいかどうかわからない、グレーゾーン金利として発生してしまったわけです。貸金業者としては自分たちがもらえる金額が大きくなる出資法の方を採用することが多く、利用者に取って不利益になることがありました。これが過払いです。